プロフィール

プロフィール

岸野末利加 (きしの まりか)
1971年京都市生まれ。1994年同志社大学法律学部法律学科卒業。95年渡仏 。98年、パリ・エコ–ルノルマル作曲科、2003年 フランス国立リヨン高等音楽院作曲科卒業。2004-05年イルカム(フランス国立音響音楽研究所)研究員。作曲を平義久、ロベール・パスカル、フィリップ・ルルーの各師に師事。
シュトウットガルト・アカデミー・シュロスソリチュッド、ニーダーザクセン・シュライアン芸術村、ノルトライン・ヴェストファーレン州、カルフォルニア州・ジェラッシーアーティストレジデンシーや南西ドイツ放送局のエクスペリメンタルスタジオ、 カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター(ZKM)、 フランス音楽研究グループ(L´Ina GRM) などの電子音楽スタジオの奨学招待作曲家。
2006年からドイツのケルンを拠点に作曲活動を行い、作品は全てミラノ・スビーニ・ゼルボーニ社 から出版されている。

[委嘱団体・音楽祭]
ラジオフランス・プレザンス、フランス文化省、ストラスブール・ムジカ、リヨン・ビエナーレ・ミュ–ジック・アン・センヌ、ベネチア・ビエナーレ、ライ・ヌオヴァムジカ、オスロ・ウルティマ音楽祭、 l´Ina GRM, ヴィッテン室内楽現代音楽祭、ベルリン・ウルトラシャル、シュトウットガルト・サマーフェステイヴァル、エッセン・フィルハーモニー、ケルン・アートブリュッケン音楽祭、アルス・ムジカ音楽祭、ザグレブ・ビエナーレ、西ドイツ放送局、ドイツランド放送局 , フランクフルト放送局、 南西ドイツ放送局、バイエルン放送局、ソウル文化ファウンデーションなど。

[演奏団体]
フランス国立リヨン管弦楽団、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団, ベルリン・ドイツ交響楽団、ライ・ イタリア国立交響管弦楽団, フランクフルト放送管弦楽団、ボッフム交響楽団、東京混声合唱団、NHK交響楽団、パドヴァ・ヴェネト管弦楽団、コア・ヴェルク・ルール、ヘルシンキ室内合唱団、オスロ・シンフォニエッタ, アンサンブル・オーケストラ・コンテンポラン、ムジーク・ファブリック、アンサンブル・アスコ・シェーンベルク、ストラスブール・パーカッション・グループなど

[放送] 
Deutschlandradio Kultur, hr2-Kultur, Deutschlandfunk, WDR 3, SWR 2, NDR Kultur, SRF2, France Musique, NHK (Japan), BR-Klassik, RBB-Kultur, Musica Viva, Rai Radio, RTP (Rádio e Televisão de Portugal) など。

近年では、『箏コンチェルト』がベネチア・ビエナーレ音楽祭で、西ドイツ放送局・アンサンブル・オーケストラ・コンテンポラン共同委嘱の木管三重奏コンチェルト『Ochres II』が同アンサンブルによってヴィッテン室内楽現代音楽祭で、フランス文化省委嘱の打楽器六重奏曲『散華』ストラスブール・パーカッション・グループによって、日本ではNHK交響楽団委嘱作品『Shades of Ochre』がローレンス・ルネス指揮、同交響楽団によって初演されている。

現在、ムジークファブリック委嘱ペーター・ヴィールのためのオーボエ独奏曲『雲龍』、ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団委嘱の室内楽作品、ブリューデツ音楽祭委嘱デイオティマ弦楽四重奏のための新曲などを作曲中。

2014年にポートレートCD”イリザシヨン”がヴェルゴ·レーベルから出版された。http://www.esz.it/en/extra/autore/malika-kishino